第26回東海ステークス - 競馬予想 無料と競馬データで重賞予想やG1レースのクチコミ競馬必勝法

第26回東海ステークス

第26回東海ステークス。
JRAのダート重賞の中で最も距離が長いレースだ。
2005年のタイムパラドックスや2006年のヴァーミリアンのように、
名高い名馬も勝ちきることが出来ていない難しいレースだ。
人気を集めそうなウォータクティクスはもちろん、
どの馬も軽視する事はできない。
過去のレースを振り返っても、幅広い人気から3着以内に入っている。
特に6番人気以下の馬が好成績を残している。
昨年の東海ステークスも、優勝したのは13番人気ヤマトマリオン。
2着が16番人気のラッキーブレイクである。
16頭立てのレースで結果は大荒れ。
今年の東海ステークスも慎重な予想が必要だ。

コメント(−)トラックバック(0)Edit
「第26回東海ステークス」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
トラックバック
この記事のトラックバックURL: