第48回アルゼンチン共和国杯 - 競馬予想 無料と競馬データで重賞予想やG1レースのクチコミ競馬必勝法

第48回アルゼンチン共和国杯

第48回アルゼンチン共和国杯

東京競馬場の芝2500mコースで行われるハンデ重賞戦です。
ハンデ戦という事もあり、波乱傾向が強いか見てみると、過去10年の3着内馬30頭中半数以上の17頭は3番人気以内の馬でした。
極端に伏兵の活躍が目立つレースではなさそうなので、今回はトーセンジョーダンに注目してみたいと考えています。
7月に長期休養から復帰した同馬ですが、復帰戦は勝馬と0.3秒差の5着に敗れたものの、その後の1600万下とオープン特別を連勝し上昇度は満点。
もともと高い素質の持ち主と評価されていた馬で、2歳時には未勝利からオープン特別までを3連勝しクラシック候補と囁かれたほどです。
蹄の不安もありクラシック戦線への挑戦は叶いませんでしたが、秘めた能力の高さは間違いなく、成長と共に本格化ムードを漂わせている今なら重賞Vも難しくないと見ています。

コメント(−)トラックバック(−)Edit
「第48回アルゼンチン共和国杯」を読んだ人はこんな記事も読んでいます