- 競馬予想 無料と競馬データで重賞予想やG1レースのクチコミ競馬必勝法

第17回秋華賞

秋のGIシリーズ第2戦目として10月14日京都芝2000メートルを舞台に3歳牝馬3冠ラスト第17回秋華賞が行なわれる。
前走、GIIIクイーンステークス3着のミッドサマーフェアが出走する。
今春は阪神芝1800メートルの500万特別、東京芝2000メートルGIIフローラステークスと連勝。
牝馬クラシック2冠目東京芝2400メートルGIオークスに1番人気で迎えられた。
だが、結果は2秒差13着と思わぬ大敗を喫した。
そして前走、7月29日札幌芝1800メートルのGIIIクイーンステークスで古馬と初対戦。
0秒1差3着と健闘した。
今回は札幌から京都へコース替わり。
末脚勝負のミッドサマーフェアにはプラスとなる。
不完全燃焼に終わった春の無念を晴らせるか。
コメント(−)トラックバック(−)Edit

第47回京都大賞典予想

第47回京都大賞典が10月8日京都競馬メインレースとして行なわれる。
芝2400メートルを舞台とするGII。
本命はローズキングダム。
昨年の覇者で朝日杯フューチュリティステークス、ジャパンカップとGI2勝。
近走は2桁着順も目立つが地力は上位。
鉄砲得意で復活狙う。
相手はメイショウカンパク。
前走は中山芝2200メートルのGIIオールカマーに出走。
4コーナーで不利を受けながら0秒8差6着。
末脚のキレは抜群。
開幕週の馬場がポイントになりそうだが崩れはない。
他では前走、小回り札幌芝2000メートルGII札幌記念で大外を通って牡馬相手に快勝したフミノイマージン、長距離得意なギュスターヴクライ。



◎ローズキングダム
○メイショウカンパク
▲フミノイマージン
△ギュスターヴクライ
コメント(−)トラックバック(−)Edit

第47回京都大賞典

10月8日京都競馬芝2400メートルを舞台にGII第47回京都大賞典が行なわれる。
前走、GI宝塚記念9着のビートブラックが出走する。
前々走、京都芝3200メートルGI天皇賞(春)に出走。
18頭中14番人気の低評価だったが2着馬に4馬身の差をつける完勝で見事GI初制覇を果たした。
GIはおろか重賞も未勝利の馬が見せた激走であった。
だが、3歳秋にはGI菊花賞で3着に入るなど京都コースの相性は良い。
今回も秋初戦は京都の長丁場。
得意の条件で秋競馬に再度新風を巻き起こす。
コメント(−)トラックバック(−)Edit

第46回スプリンターズステークス予想

第46回スプリンターズステークスが9月30日中山競馬メインレースとして行なわれる。
芝1200メートルを舞台に行なわれるGI。
本命はパドトロワ。
昨年の2着馬。
今年は前々走、新潟直線コースGIIIアイビスサマーダッシュを制覇。
前走、札幌芝1200メートルGIIIキーンランドカップはレコード勝ち。
重賞2連勝でサマースプリントシリーズ優勝を果たした。
充実一途の現在、重賞3連勝でのGI初制覇十分。
相手はダッシャーゴーゴー。
今春はGI高松宮記念0秒1差4着。
4ヶ月の休養を経て前々走、中京芝1200メートルのGIII・CBC賞0秒2差3着、前走、札幌芝1200メートルのGIIIキーンランドカップ2着。
相変わらず崩れがない。
悲願のGI制覇なるか。
他では昨年の覇者カレンチャンは太めを叩いて上体上向き、デビューから11戦3着以下なしで唯一の3着がGI高松宮記念というロードカナロア。



◎パドトロワ
○ダッシャーゴーゴー
▲カレンチャン
△ロードカナロア
コメント(−)トラックバック(−)Edit

第46回スプリンターズステークス

秋のGIシリーズ第1弾として9月30日中山競馬芝1200メートルを舞台に第46回スプリンターズステークスが行なわれる。
前走、GIIセントウルステークスを勝った3歳牝馬エピセアロームが出走する。
昨年は未勝利、GIII小倉2歳ステークスと連勝。
だが暮れのGI阪神ジュベナイルフィリーズでは0秒6差8着と敗れた。
3ヶ月の休みを挟んで阪神芝1600メートルGIIIチューリップ賞で2着。
しかし続くクラシック初戦の阪神芝1600メートルGI桜花賞では1秒1差15着と大敗した。
さらに東京芝2400メートルGIオークスでは3秒4差16着。
春のクラシックは散々に終わった。
3ヶ月の休みを経て前々走、8月19日小倉芝1200メートルGIII北九州記念では0秒2差3着と距離短縮で復調。
そして前走、9月9日阪神芝1200メートルのGIIセントウルステークスでは古馬相手に重賞初制覇を果たした。
スプリント戦で蘇ったエピセアローム。
女王カレンチャンに替わり新スプリント女王を目指す。
コメント(−)トラックバック(−)Edit

第60回神戸新聞杯

9月23日阪神芝2200メートルを舞台に行なわれる第60回神戸新聞杯。
GI菊花賞トライアル。
未勝利、500万と連勝中のプレイズアトレイルが出走する。
前々走、2月12日小倉芝1800メートルの3歳未勝利戦で2着馬に2馬身差をつけて快勝。
デビュー5戦目にしての初勝利を挙げた。
その後約6ヶ月の休養を経て8月26日小倉芝2000メートルの500万特別で復帰。
休養を挟んで連勝した。
今回は重賞初挑戦となるが叩き2戦目。
GIの切符をつかめるか。
コメント(−)トラックバック(−)Edit

第30回ローズステークス

9月16日阪神競馬芝1800メートルを舞台に秋華賞トライアルGIIローズステークスが行なわれる。
未勝利、500万と連勝中のサンマルクイーンが出走する。
前々走、4月22日京都芝1600メートルの3歳未勝利戦でデビュー4戦目での初勝利を挙げた。
続く前走、5月20日京都芝1600メートルの3歳500万特別も勝って連勝。
今回は約4ヶ月の休養明け。
重賞初挑戦となるが未知の魅力で秋華賞戦線の旋風となれるか。
コメント(−)トラックバック(−)Edit